不眠症とうつ病は、非常に密接に関係しており、うつ病が原因で不眠症を引き起こしている可能性もあります。 基本的に、うつ病の方というのは、不眠症も同時に併発しているケースが多いです。 また、他のことが原因の不眠症であれば、布団から出ることができないというケースは少ないですが、うつ病からきている不眠症の場合には、目が覚めてもなかなか布団から出ることができません。 これが、一般的な不眠症との大きな違いです。 そのため、寝付きが悪くて、しかも、目が覚めても布団から出ることができない場合は、うつ病が原因かもしれないと思ってください。 そして、うつ病からくる不眠症の場合、うつ病を改善しない限り、不眠症を治すのは困難です。 薬を服用すれば眠ることはできるかもしれませんが、それでは根本的な解決にはなりません。 もし、薬の服用を止めてしまうとすぐに眠れなくなります。 焦らずに、不眠症を治すためにも、まずはうつ病の治療を行うようにしてください。